フェンスをDIYで作るための基礎知識

特に一戸建て住宅に住んでいる方のケースでは、土地の境界部分を明確にしたり、土が流れてしまうことを無くすためや、自宅の目隠し用としてフェンスを境界部分に設置することが行われています。プロの施工業者に依頼すると簡単に優れたものを設置できますが、DIYにて施工して経費を抑制することを希望される方も多いものです。趣味として手作業が得意な方であれば、十分に対応することができる内容です。現在ではホームセンターが多く普及をしている状態にあるので、簡単に材料等を入手することができます。しかし、自ら作る方法では一定の基礎知識というものが必要になるので、設置後もできるだけ長く使うことができるように、十分に配慮した作りに仕上げる方法で、失敗を無くすことができます。そのための知識を前もってチェックすることは欠かせません。

地面に接触する部分に対しては特に重要です

自宅の敷地内に目隠し用としてフェンスを設置することを希望していて、尚且つDIYで施工することを決めた方のケースでは、基礎知識として地面の土の部分を確認する必要があります。木材などを使って作成する場合では、そのまま柱などを地中に埋めてしまった場合では、直ぐに木材が腐食を起こしてしまう場合があります。長期間にわたって使い続けることを考えた場合では、土との接触部分には配慮する必要があり、重要な内容とされています。接触部分に関しては、木材そのままではなく、コンクリートなどを使う方法があり、木材にモルタルなどを塗り付ける方法もありますが、強度を十分に保つことができるように、ブロックなどを使って対処する方法も用意されています。安定した状態を維持できるように、ある程度重さのある土台に仕上げることも良い方法です。

目隠し部分に対しても大切な内容があります

フェンスをDIYで作る場合では、目隠し部分に相当する資材をしっかりと確保する必要があります。簡単に施工できる方法に関しては、木材を使って柱に対して横板の状態で固定する方法がありますが、木材そのままを使ってしまうと、劣化してしまう可能性が高くなります。そのため、木材を使う場合では必ず防腐剤などが入った塗料や、ステイン剤など木材に浸透するものを塗布する方法で、木材を長持ちさせることができます。何も塗装を施していない木材の場合では、カビが出てしまったり、放置すると腐食してしまうことになるので、基礎知識としては必ず木材の表面を保護する必要があります。固定するネジ類に関してもおすすめになるものがあり、一般的なスチール製のネジ類ではなくステンレス製のネジを活用する方法で、金属の腐食も無くすことができます。

30代から50代のお客様が多くご利用されています。 DIY未経験の方でも簡単に施工していただけるさまざまなフェンスをご用意! 梱包も丁寧に実施して出荷しており高評価をいただいております。 ホースリールや多肉植物の寄せ植えも人気商品です。 全国の施工業者さまからもご好評いただいております。 工務店さまや事業者さまなど、大量注文をお考えの方へ大ロット・大量注文も受注可能です! DIYでフェンスを作成!-ガーデンライフ彩-